2014年秋修了の皆さま(2014年度通学制受講者・2013年度通信制受講者)に、産業カウンセラー養成講座修了にあたり、アンケートを書いていただきました。
たくさんの感想をいただきましたが、一部をご紹介します。
 
 
 
 
 
  ※通信と記載のないものは、すべて通学制受講者の感想です。
 
 

1.養成講座受講当初の期待に対して、講座内容等は満足のいくものでしたか?

・当初はとても厳しく大変なように思っていたが、グループ・指導者の方を含め、温かくよい意味での厳しさがあり、とても満足できた。(水曜コース 女性)
・産業カウンセラーや傾聴をよく知らない状態で、職場の評判があって受講した。キャリア・コンサルから入る別の団体の講座もあるが、その前に受講できて良かった。(月曜コース 男性)
・非常に満足でした。新しい自分も知ることができ、当初の期待以上の結果が得られたと思います。(土曜1コース 男性)
・とても得るものが多く、今後の社会人としての役割の中で実践し生かせるものでした。(土曜1コース 女性)
・人と話をすること自体が苦手な自分を治すために受講を決断しましたが、予想以上に改善でき成長を実感できたので、とても満足しています。(土曜1コース 男性)
・当初の期待としてはカウンセリングに何となく興味があり、“きく”スキルが身に付くと聞いたので気軽に参加しましたが、想像以上の学び、気付きがありました。(土曜1コース 女性)
・実技の時間が多く宿題もありたいへんだったが、実践、経験を重ねることが大切なので良い講座だったと思う。受講して良かった。(土曜2コース 女性)
・期待以上のものでした。少なくとも受講前より自分を知り、確実に前に進んでいると感じています。(土曜2コース 女性)
・実技の必要性を当初はあまり理解できませんでしたが、やり取りの多様性を理解し、自分の体にしみこんでくるための経験を積むという意味で、大変重要でした。理論だけでは見えない部分で大半の時間をあてる意味が解りました。(土曜2コース 男性)
・実技は当初「サーッ」と流れていくものと考えていたが、しっかり立ち止まってフィードバック等をいただけたので、大変満足しています。(日曜1コース 男性)
・養成講座の内容は予想以上に厳しく、かつ充実したものだったと思います。特に実技指導では、カウンセラーとしての技法を学ぶだけでなく、クライエント体験を通して産業カウンセラーの意義を認識することが出来ました。(日曜1コース 女性)
・満足いくものでした。傾聴はもはや習慣になっています。欲を言えば、カウンセリングプロセスが進んだ場合もトレーニングしたかったですが、難しいですね。(日曜2コース 男性)
・傾聴は特にやってみなければ分からないもので、実技で感じた気持ちの変化、揺れ、自分への気づきなどは期待以上のものであった。(日曜2コース 女性)
・おかげさまで大きく成長した1年になりました。(火曜夜間コース 男性)
・受講を決めたときの目標よりも、受講を終えた今の今後に向けての目標の方が幅も広く、それだけ充実した内容を学べたのだなあと思います。(水曜夜間コース 男性)
・当初は技術だけを学べればよい、と思っていたが、自分の準拠枠が外れ、人と接することができるようになってよかったです。(厚木コース 女性)
・自費で行くには高い値段であったが、その値段以上の価値のある講座でした。(厚木コース 男性)
・通信コースだったので、宿題が多かったり、前回の授業を思い出すまで時間がかかったりして大変でしたが、内容的なものは大変満足できるものだったと思います。(通信 横浜A教室 女性)
・期待以上に満足の得られるものでした。実習では毎回気付きが得られ、気付きを元に行動を変えることで、実習の場だけでなく普段のコミュニケーションの変化が体感できて、とても良かったです。(通信 横浜B教室 女性)
・当初は良く理解できないことも多く、混乱もあったが、内容の理解が進むにつれ、奥深さが理解できるようになり、満足できる講座内容でした。(通信 横浜B教室 男性)
・傾聴の大切さ(重要さ)について、訓練して学ぶ以上に、自己洞察-自分自身に取り組んできたことにより、気付きを得ました。満足かどうか?は今後わかると思います。(通信 横浜C教室 女性)
・受講をし始めたときは続けられるかと思うこともあったけど、とても充実した講座になりました。(通信 横浜C教室 女性)
 
 

 

2.グループの雰囲気はどうでしたか

・老若男女混在も、同じスタートラインで一緒に学べ、大事な仲間となった。(水曜コース 男性)
・このグループでいられたことが本当に嬉しく思っています。皆でよくしようとする姿勢の感じられる楽しいグループでした。(水曜コース 女性)
・とても温かいグループにどんどん変化していきました。(土曜1コース 男性)
・お互いを尊重し、分からないことも聞きあえるグループでした。(土曜1コース 女性)
・皆さんの学ぶ姿勢が強く、また結束力もあり和やかな雰囲気の中で大変よかった。(土曜2コース 男性)
・指導者が上手に雰囲気作りをしてくれた。メンバーも仲間づくりを相互に行い、十分溶け込めて楽しかった。(土曜2コース 女性)
・年齢も立場も違う人たちと知り合えたことがそれだけで収穫でした。(日曜1コース 女性)
・自己開示が多く行われ、普段接触が無いタイプの人とも打ちとけられた。(日曜1コース 男性)
・皆さん人間性が素晴らしく、受講の機会が楽しかった。(日曜2コース 女性)
・メンバーに恵まれたと思っています。(火曜夜間コース 男性)
・同士なので問題ありませんでした。女性パワーにやられました。(厚木コース 男性)
・最高のメンバーでした!!(厚木コース 女性)
・若い皆さんの仲間に入れていただき、助かりました。(厚木コース 男性)
・全員、お互いにいい影響を与えながら前向きに取り組めました。(通信 横浜A教室 女性)
・全員尊敬できる、すばらしいメンバーに恵まれました。感謝しています。(通信 横浜A教室 女性)
・皆さんに仲良くしていただきました。(通信 横浜B教室 女性)
・一人一人が思いやりのある方々で、気持ちよく、講習に打ち込めました。(通信 横浜B教室 男性)
 
 

 

3.面接実習中、実技指導者の指導はいかがでしたか

・何を求められているのか最初わからない事もありましたが、自分の学びが進むにつれ、とても深く、核心となることについて気づかせようとしていただいていることがわかりました。(水曜コース 女性)
・ダメな時のフォロー、ご指摘など、心のある接し方をしていただき感謝しています。(水曜コース 女性)
・良かったです。少人数のクラスであった為、もう少し多様性の工夫があれば「大変よかった」です。(月曜コース 男性)
・耳の痛いフィードバックをいただき、為になりました。(土曜1コース 男性)
・時に厳しいコメントも頂きましたが、根底の“愛”が感じられてとてもよかったです。(土曜2コース 女性)
・指導時のひとことひとことが腑に落ちるような場面が多々あり驚いた。(土曜2コース 男性)
・ひとりひとりへの配慮をいただきありがとうございました。(日曜1コース 男性)
・わかりやすく具体的な指摘でありがたかった。個人的にはもう少し厳しめの指導もあってもよかった。(日曜2コース 女性)
・時に厳しく、時に優しく指導していただけました。(水曜夜間コース 女性)
・疑問に思ったことを何でも話せて答えてくれるので、とてもよかった。(厚木コース 男性)
・押しつけでなく温かくかつ奥深い気づきをいつも与えて下さいました。(厚木コース 女性)
・二人の指導者のタイプが異なりバランスが良かった。指摘も具体的で分かりやすい。(通信 横浜A教室 女性)
・二人の役割がとても合っていて、楽しかった!!(通信 横浜B教室 女性)
・的確な指導をいただけました。自分で気づかなかった部分に気付かせていただいた。(通信 横浜B教室 女性)
・良いところ、悪いところをご指摘くださり、励ましつつ指導くださったことに大変感謝いたします。(通信 横浜C教室 女性)
・緩急とりまぜたコメントで、良い点、更に努力すべき点を指摘していただいた。すべてそのまま受け止められて、ストンと落ちた。(通信 横浜C教室 女性)
 
 

 

4.養成講座に対するご感想、ご意見、ご要望をお聞かせください

・自分と向き合う貴重な時間でした。出会った仲間も本当にずっと繋がっていきたい大切な人達です。(水曜コース 女性)
・7カ月、長いと思っていましたが、今思うと短く感じます。実技をもっとやりたかったです。(水曜コース 女性)
・産業カウンセラーの資格が取れたら、次はキャリアも受けたいと思います。そうやって勉強して成長していきたいと思います。(月曜コース 女性)
・試験対策に終始しない所が、私にとってはとても嬉しかったです。(土曜1コース 女性)
・もう少し甘く考えていたところがあった。通学は大変だが、今となっては実技も学科(理論)も、時間をもう少しかけてもよいのかと感じている。まだスキルがついたのが自信持てない。(土曜2コース 女性)
・人生を学ぶ訓練の場、自分に向き合える場だと思います。(土曜2コース 男性)
・実に内容の濃い7カ月でした。自分自身が本当に成長できたと思っています。ありがとうございました。(日曜1コース 男性)
・逐語記録は本当にたいへんな課題だった。文章として起こしてみると自分のクセや傾向が見え、効果的な学習方法だと思った。(日曜1コース 女性)
・理論学習の時間(日数)がもう少し欲しかったな、と思います。(日曜1コース 男性)
・自己開示の大切さを感じました。自分を知る事が第一歩なのですね。(火曜夜間コース 女性)
・私は水曜夜間コースを「キャンセル待ち」でした。キャンセルと同時に私へご連絡いただいたことが、今日迄の成長につながりました。(水曜夜間コース 男性)
・夜の講座は毎週お会いすることになり、実技もくり返すことが出来て、良かったと思います。(水曜夜間コース 女性)
・時間が足りないと思います。(厚木コース 女性)
・社会で悩みを抱える全ての人に受講をおすすめしたい。資格取得とは関係なしに、自分を知り、生きてゆくのが楽になり、そのうえ人生の同士とも言える人たちと出会える、すばらしい場です。(厚木コース 女性)
・スクーリングが月1回くらいのペースなので無理なく通えました。後半に入ると、プロセスを意識したり産業カウンセラーとしてどうしていきたいかなど、難しいところまで求められていたため、自分自身の未熟さを感じています。1年間長くていろんなことがありましたが、楽しく通えたのがなにより嬉しいです。(通信 横浜A教室 女性)
・産業カウンセラーという名称から当初は会社組織におけるカウンセリングについての学習だと思っていましたが、学習するにつれ、より身近で役立つ実践的なコミュニケーションスキルを学ぶことが出来ました。この講座を受講して自分の成長につながったと思います。(通信 横浜A教室 女性)
・特に大きな要望はないのですが、通信のスクーリング日を例えば第○週の土日のように一定にしていただけるとよいと思います。(通信 横浜C教室 男性) 
 

 
  

2011年11月掲載

 

通学夜間講座  溝口 晃子さん

 

 私は産業保健師として事業所内で勤務していますが、日々の業務の中で迷いや力不足を感じることがありました。そのため、この講座で一から働く人のメンタルヘルスケアについて考え、学びたいと思い、受講を決めました。
この6ヶ月間を振り返っての感想を一言で表すと「受講して本当に良かった!」です。開講直前まで、どんなメンバーとどんな内容で実習をするのか等々不安でいっぱいでした。しかし、そんな不安は講座が始まるとすぐに消え、2名の指導者そして、13名のメンバーと同じ目標に向かって共に歩むことができました。
30回ある夜間講座の実習では、「技法やテクニックは後からついてくるもの。大切なことは、気持ちや態度。」という指導者の理念のもと、傾聴・共感・受容について深く考えながら学ぶことができました。
大学の授業や研修でも、傾聴について学ぶ機会は多々ありましたが、ここまで深く時間をかけて考えながら学ぶ経験をしたことはありませんでした。今までは教科書レベルの学習だったけれども、この講座では自分と向き合い成長しながら、身につけていくという真の学びを味わえたのではと考えます。そして、そのような素晴らしい講座を展開してくださった指導者に心から感謝いたします。
講座も残りわずかとなった今、6ヶ月間頑張った充実感と、終わってしまう寂しさと、もっともっと指導者やメンバーから多くのことを学びたいという気持ちでいます。この養成講座の修了をスタートとして、今後も学び続け、職場で生かしていきたいです。
最後に素晴らしい指導者とメンバーに出会え、共に学ぶことができたことを感謝いたします。

 

 

 

通学講座   浜崎 武さん

 

 傾聴ということばを初めて耳にしたのは、この産業カウンセラー養成講座を受講する前に開催された養成講座体験講座でした。私は、コミュニケーション能力に決して長けているとはいえないのですが、それでもいい人間関係を築いていきたい思いをずっと持っていました。正直、産業カウンセラーになりたくてとかいうより、自分の中で何か変えたい、変わりたいという思いがあって受講に踏み切りました。

 

 カウンセラーというと、悩みや問題を解決してくれるというイメージをもっていたのですが、これは間違っていました。実習の中で、カウンセラー役、クライエント役を通して、クライエントの悩みや問題を共感する体験(ライブ)はとても貴重でした。ライブを積み重ねていくうちに、カウンセラーとしての課題だけでなく、自分の中の問題(自信のなさ)がはっきりしてきました。また、いろんな人達の話しを聴いているうちに、自分の悩みがなんてちっぽけなとか、自分だけではないんだと思えるようになりました。日常生活においても、「この人の聴き方っていいなぁ」とか、「こういううなずきやあいづちって好感がもてるなぁ」と、感じることが多くなりました。

 

 これからは、養成講座で学んだことを活かして、できない、できないという考えを捨て、どうしたらできるか、どう修正していくかを考えることができる人間になろうと思います。講師や仲間にめぐり逢えたことに心から感謝します。 

 

2010年12月掲載

 

通学講座   堀口 均さん

 

 私は、現在民間企業で、人事の仕事をしています。メンタルヘルス対応の業務もあり、従業員からの相談を受ける機会も以前から多かったため、この講座を受けることで、今の仕事をより深めていこうと思い受講を決めました。
 約6ヶ月の講習は、私にとって非常に有意義で、実りの多い内容でした。理論講座などの座学も充実した内容でしたが、この講座の特徴とも言える実習は大変辛い面もあり、それゆえに新たな気づきや傾聴技法の習得に専念でき、充実した時間を過ごせたと感じています。実技指導者の皆さんには、本当にお世話になりました。
 先日こんな事がありました。日ごろから、従業員のご相談を受ける際は、この講座で学んだことを意識的に実践することを心がけていました。そうしたところ、先日従業員より「ものすごくよくお話を聴いていただいて気持ちが楽になり、頭の整理がつきました」ということを伺い、この講座の成果を体感することができました。その時、改めてこの講座を受講して本当に良かったと思うと同時に、これからも継続して、勉強を進めていこうと思いました。
 またこの講座を通じて、同じグループのみなさんと知り合うことができ、友人になれたことは、私にとってなにより嬉しい出来事でした。

 

通信講座   瀬川 展代さん

 

 職場が勤労者看護に取り組んでおり、産業カウンセラーに興味を持ち受講しました。 遠方(富山県黒部市宇奈月)から2泊3日での参加だったので、皆さん「大変ですね」と言ってくださいましたが、日常から離れリフレッシュもでき、6回の講座参加はとても有意義でした。
 新しい出会いに不安感がいっぱいだった1回目、カウンセリングの応答技法だけにこだわった2・3回目、研修を続けても変わることができない自分自身にいら立ち、「時間・お金・仕事・家族などの犠牲を払ってまで…」と挫折しそうだった4回目、カウンセリングは自分をしっかり見つめることだと感じた5回目、そして6回目は、クライエントに寄り添い、クライエントの気持ちをうけとめながら、カウンセラーとして状況を把握し適切に関わっていくことの難しさを感じました。

 職場では年に3回スタッフ面接を行うのですが、スタッフから面接が少し変わったと言われ、面接技能が生かされているのかなと嬉しくなります。
 カウンセラーとしての役割の幅広さ奥の深さを学び、実践していく難しさを感じていますが、少しでも今の職場に還元していけたらと思います。

 

通学夜間講座   久間 隆一さん

 

 産業カウンセラー養成講座開始から早いものでもう6ヶ月。私の受講の動機は「職場内に増えてきているメンタルヘルス不調者に対して何かできないか?」が始まりで、カウンセリングスキルを身につけることでお互いが楽しく働ける環境を築きたいと考えたからです。
 仕事とのバランスを考え通学夜間講座の受講を希望。講座では2名の指導者の方、13名の仲間とここまで同じ時間を共有してきました。カウンセリング実習では、今までいかに傾聴できていなかったか痛感しました。毎回「出来た」、「出来ない」の繰り返し。ただ、最近やっと点と点が線でつながり始めてきたと実感できています。それも実習を通じて指導者の方、仲間からの的確なフィードバックで毎回新たな気づきがあったからこそだと思います。皆に支えられ、時には辛く、悩み、そして楽しくやりがいある6ヶ月でした。
 養成講座で学んだことを今後も学び続け職場内で生かしていこうと考えております。

 

 

2009年4月掲載

 

竹生 紘乃さん

 

産業カウンセラー養成講座の開講から6ヶ月。
私にとってはとても得るものの多い6ヶ月でした。
私の受講のきっかけは、上司からの「仕事に役立つから受講するように」という一言。
いったいどんな講座なんだろう、と開講前は不安で一杯でした。
けれども、3名の指導者さん、そしてグループの個性豊かな13名のメンバー達と一緒だったからこそ、ここまで頑張り続けることが出来たのだと思います。

養成講座で得たものの一つは「来談者中心法カウンセリング」の実習を通して、今までの私がいかに人の話を聴いていなかったか気づけたことです。
とにかく仕事でも私生活でも、こんなに真剣に人と向き合って一生懸命話を聴こうとすることはなかった、人の心に共感して話を聴くことはこんなにエネルギーが必要なことだったんだ、と感じました。

もう一つは、自分の気持ちとじっくり向き合えたことです。
ちょうど来年に結婚を控えていて、気持ちが揺れたり、悩んだり、実習でクライエント役の時、随分たくさん話をしました。
自分が何を大切にしたいのか、これからどんな自分になりたいと思っているのか、自分の気持ちと向き合い、じっくり考える機会を頂けて、本当に良かったです。

これからも養成講座で学んだことを忘れずに、仕事でも、家庭でも人の話が聴ける自分でありたいと思います。

 

小沢 昇悦さん

 

早いもので、講座開始からほぼ半年が過ぎ、今まさにゴール目前という時期ですが、さて実力は?と問われれば、セルフチェック票がまだまだ心もとない状況。
「はぁ」と深くため息も出そうですが、雑念に苛まれることもなく、不思議に心は平静なのです。

怖れず、力まず、焦らずにいられる、今までにないこの心地よさは、一緒に学ぶ12人の仲間達が、「心もとない」私の気持ちをしっかり受け止めてくれるから。
年齢も、性別も、職業も様々で、初めての出会いから半年なのに、安心して心のうちを話せる。
そう、仲間達がこの半年で身につけたカウンセリングの力を、フルに享受しているからなのです。
数年前、「まさか自分が!」と言う辛酸を嘗め、その苦しみを何とか乗り越えた経験を、同じように苦しんでいる人達のために活かしたい。

その一念で参加した講座でしたが、このように素晴らしい仲間達に出遇えたことが、今望外の喜びとなっています。
10月を迎え、至宝の如き我が仲間たちと過ごせる時間は僅かとなりましたが、ご指導下さる市川さん、牛丸さん、開米さんの溢れるばかりの熱意をしっかり受け止め、揃って難関を突破しようと、皆で誓い合っている次第です。

ご指導くださる皆様と仲間の皆様への感謝を籠め、そして先輩の皆様とも何がし絆を持てればと、拙い筆を執らせていただきました。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。